読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽつねん日記

アラサー非正規の「恋だ」、「将来だ」の掃き溜め

けれど、朝は来る

最近、起きる時間の1時間前に目が醒める、

起きてすぐに考えてしまうのは彼女のことだ。

自分でもわからないのが、私は彼女のことを何一つ知らない。

なんで、そんな状況なのにこんなに思い詰めてるんだろう。

他人も他人、まさに赤の他人さん。

見た目から想像してる彼女を好きになってるだけなんだろうと思うのだがなかなか気持ちの整理がつかない。

こんなに辛いのに涙が出ないのは結局この恋自体が空虚なものであると理解してるからではないのか。

なのに、この気持ちはなんなんだ。

「守りたい」だの「しあわせにしたい」だの何も知らない人に対して思うのは頭おかしい気がする。

有名な女優さんとかアイドルなんかに恋してるより何も知らずに好きになってる。

思ってたんだ。

結局、「自分の生活圏で毎日見る女性でタイプの人がたまたま彼女だった」というだけなんだろうと。

彼女よりタイプの女性が現れたらすぐにそっちに靡いしまうはず。

だって、情報は見た目だけなわけなんだから。

まぁ、兎角そんなこと考えてもやっぱり胸が苦しい。哀しい。

でも、涙は出ない。