読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽつねん日記

アラサー非正規の「恋だ」、「将来だ」の掃き溜め

枯渇

何回書くんだ。

彼女には感謝してる部分も大きい。

名前も年齢も知らないのに。

「恋だなぁ」ってのを十数年ぶりに経験していろんなことを考えれたし、変えようと思えた。

とどのつまりが、彼女にふさわしき人間になれるよう努力した。

肉体改造も仕事も私になりに頑張ったつもりだ。非正規だけど。

次の転職では有利になるはずの経験を積んだ。

今まで私は自分の人生なんてほとんど考えてなかった。

正直いつ死んでも悔いはないは言い過ぎだが、希望とかは何にも持ってなかった。

でも、女性を好きになった。

その途端自分を変えなきゃと思えた。

それだけでもう今回は良いんじゃないかな。

生きる力みたい安っぽい言葉で片付けたくもないが、人生を見つめ直す良い機会を与えてもらったように思えた。

こんな私が彼女に何ができたというんだ。

ずっとずっと前を歩いてるんだよ、名前も年齢も知らない彼女は。

何で同じライン上だと思い込んでたんだ。