読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽつねん日記

アラサー非正規の「恋だ」、「将来だ」の掃き溜め

7:3

今日はあの人のスマホの画面が見えた。

諸々あって彼氏と思われた人はもしかしたら女性かもしれない。

パッと見る限り女性だった、、、ように思う。

女性だったということにしておこう。

その方が精神衛生上良い。

真ん中

水曜日は見かけなくなった。

シフト的なもので土日の出てるから水曜日休みにしてるのか、水曜日だけ早く出てるのか。

 

まぁ、なんか見ないのは見ないでモヤモヤすることはないんだけど、やる気がでない。

 

しかし恋愛ってなんなんだろう。

こうやって好きになった人と結ばれるなんてかなりの難易度のなんではないか。

 

世間のカップルの数ほどそういう奇跡的なことが起きてるとは思えないんだよなぁ。

 

どうなってるんだ。

夢と現実と

なんかあの人が好きというのは

通勤してるところしか知らないあの人を色々想像してその中のあの人が好きなんだろうなというのが見えて来た。

だからあの人を知れば知るほど冷めていくんじゃないかな。

 

ほんと波がある。好きだって気持ちと別にそうでもないんじゃないかという気持ち。

 

きっと何もない気持ちにはならない。

ふとした瞬間に「今何してるんだろうな」って考えてしまう。

 

なかなか吹っ切ることができない。

冷たそうな

新年度になってから水曜日は見かけなくなった。

シフト制で水曜が休みになったのか、水曜が早出になったのか。

まぁ、そんなことどうでもよいことなのさ。

どうでもよくない気分だけども。

好きになっているという感情が大切なんだろうと思えて来た。

なぜ好きなのか?それがわからないんだもの。

心はいつも

気持ちに波がある。

グッとなるときと、そうでもないとき。

 

根底にある好きという気持ちをうまく覆い隠して意識外に持ってくことができて来たのかな。

 

それにしてもちゃんと好きな人なんてできないんだろうなぁ。

よみがえる

今朝フトした表情にグッと来てしまった。

帰りも同じ電車だった。

ずっと続くなぁ… 忘れたい。

ミスターラフター

帰りに見かけた次の日には彼女は乗っていなかった。

遅くまで残業だったから出勤を遅らせたのか、はたまた次の日休みだったから遅くまで働いていたのか。。。

 

まぁ、いいや。

昨日はあの人と同じ電車だった。

顔を見ることが出来たので考えたのだが、一体彼女は何歳なんだろう。

予想では同い年か年上。ひょっとしたら結構年上なのかもしれない。

 

うん、割とシワがある気がする。

まぁ、年関係ないかな。

独身かもなかなか微妙なところかもしれないが。